神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

リテーナー

矯正治療を行い歯列が整った後、歯並びが安定するまで装着する装置のことをリテーナー(保定装置)といいます。


歯並びがきれいになったのに、なぜリテーナーを装着するのか?

矯正装置を装着し、歯並びがきれいになり正しい噛み合わせに改善されても矯正装置を外した後は、歯が元の位置に戻ろうとします。この「後戻り」を防ぐのが、リテーナーです。
リテーナーは歯並びが正しい位置で安定するまで装着します。


リテーナーの種類

ベッグタイプリテーナー(取り外し可能)
歯の表側をワイヤーで囲み、裏側をプラスチックのプレートで抑えるという、ポピュラーなリテーナーでとても多く使用されています。

ホーレータイプリテーナー(取り外し可能)
ベッグタイプと同様に、表側をワイヤーで取り囲み、裏側をプラスチックのプレートで抑えるリテーナーです。後戻りのしやすい前歯のみを表側からワイヤーで抑える装置です。

クリアリテーナー(取り外し可能)
マウスピースタイプのリテーナーで、アクリル樹脂やラバー系の素材からできています。透明で目立たず、審美性にも優れています。

フィックスタイプ(取り外し不可能)
歯の裏側にワイヤーを装着するリテーナーで、ベッグタイプのリテーナーより、装置が小さく目立ちにくいのが特長です。取り外しが出来ませんが、保定性には優れています。

リテーナーはどのくらいの期間装着するのか?

リテーナーを装着する期間としては、個人差はありますが矯正装置を装着していた期間と同じくらいの期間を要します。ただし、保定期間が終わっても「後戻り」する場合もありますから、症状によっては長期間装着していただくこともあります。


リテーナーは一日にどれくらい装着すればいいのか?

取り外し可能なリテーナーでは、食事・歯を磨く時間以外は必ず装着してください。
リテーナーの装着を怠ると、後戻りしたことにより、次からリテーナーが装着できなくなったり、再治療しなければならない場合があります。高額な治療費を払われて綺麗になった歯並びも後戻りしては意味ありません。
※万が一そのような場合は、担当医師にすぐに相談しましょう。
リテーナーを装着して、半年~1年経ったあたりから徐々に歯が安定していきます。
経過観察をし、少しずつ装着時間を短くしていきます。


リテーナーは痛みを伴いません。

リテーナーは歯の位置を安定させるための装置で、歯を移動させる矯正装置ではないので、痛みを伴うことはありません。


※後戻りについて