神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

歯並び矯正の詳細

不正咬合の種類

歯並びは見た目の美しさだけではなく、歯並びが悪いことでの噛み合わせ(不正咬合)によって体の健康、体全体のバランスを崩してしまう可能性があります。


不正咬合の例

上顎前突(出っ歯、下顎遠心咬合)

上顎前突とは上顎が下顎よりも前にでている歯並びのことをいいます。上顎前突の原因としては、小さい頃からの指しゃぶりや舌で前歯を押してしまうなどの舌癖が考えられます。
下の歯より前の歯が8mm以上でている状態が上顎前突と診断される基準になります。
重度の上顎前突の場合、口が常に開いていて口呼吸をしているケースがあります。
上顎前突(出っ歯、下顎遠心咬合)

下顎前突(受け口、反対咬合)

下顎前突とは上顎前突と逆で下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことをいいます。
上下反対の噛み合わせということで反対咬合ともいいます。
下顎の3本以上の歯が前に出ている状態が下顎前突と診断される基準になります。
下顎前突の原因としては、舌で下の歯を押してしまう舌癖などが考えられます。
(重度の下顎前突の場合には、手術をおこなう場合もあります)
下顎前突(受け口、反対咬合)

叢生(乱ぐい歯、八重歯)

叢生とは歯がデコボコに生えている歯並びのことをいいます。
一般的には、八重歯ともいわれております。
互いの歯が4分の1以上重なり合っている状態が叢生と診断される基準です。
歯の大きさに対し顎の骨が小さいため、歯の並ぶスペースが無い場合や舌癖がある場合など、デコボコな歯並びになりやすいといわれております。
叢生(乱ぐい歯、八重歯)

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列とは歯と歯の間に隙間がある歯並びのことをいいます。すきっ歯ですね。
空隙歯列の原因としては歯の大きさに対し、顎の骨が広いため歯が並ぶスペースがありすぎる場合などが考えられます。
空隙歯列(すきっ歯)

過蓋咬合

過蓋咬合とは下の歯に上の歯が深く噛み合わさっている状態のことをいいます。噛み合わせの深さが2~3mm以上の状態が過蓋咬合と診断される基準です。
過蓋咬合

開咬(オープンバイト)

開咬とは奥歯は噛み合わさっていても、前歯が噛み合わさらず上の歯と下の歯の間にスペースができてしまうことをいいます。開咬の原因としては、指しゃぶりや口呼吸が考えられます。
開咬(オープンバイト)

もう一度鏡の前でご自分の歯並びをご確認ください。

上記のような症状がみられる場合は、当院にご相談ください。患者様一人一人へ最善の治療法をご提案させていただきます。