神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

FAQ

患者様からよくある質問などをお答えさせていただきます。


A.3歳~開始できます。子供の矯正では顎の成長や永久歯の生え変わりを利用し不正咬合を改善できる可能性があります。また、学童期の矯正では大人の矯正より費用面の負担が少なかったり他にも早い時期に矯正治療をおこなうことによる、さまざまなメリットがあるため早期治療をお勧めします。詳しくは子供の矯正治療について

A.必ず歯を抜くわけではありません。例えば患者様の顎の大きさや歯の大きさ口元全体のバランスによっては、歯がキレイに並ぶスペースを充分に確保できないため、抜歯をお勧めしております。 抜歯・非抜歯の常識と非常識

A.個人差はありますが、装置装着後や月一の診察で装置のワイヤーを取り換える際など、その後数日間は痛み伴う方はおられます。ですが、日常生活で支障をきたすような強い痛みではないのでご安心してください。全く痛みを感じなかったという患者様もおられます。

A.基本的に健康保険がききません。しかし例外もあります。
また、装置にもよりますが、おおよそ60~120万円くらいです。
数字だけ見ると安いとは言えませんね。しかし将来的な事を考えると矯正費用は決して高くありません。矯正費用は初めのカウンセリングの際に明確な料金を提示いたしますのでご安心ください。
なお、分割払いも可能です。 費用について

A.可能です。
当院では、歯の裏側に装置を装着し矯正治療【舌側歯並び矯正】をおこなっています。
「矯正したいけど装置が見えたら嫌だ」という理由でなかなか矯正治療に踏み切れなかった方も、この舌側歯並び矯正で装置が見えるという不安が解消でき安心して矯正治療をおこなっていただけます。 舌側歯並び矯正について

A.歯が重なり合ってる場合、歯並びが悪いため歯ブラシがどうしても隅々まで届かず、磨き残しが原因で虫歯や歯周病になることもあります。歯並びが悪いことで体調不良になることもあります。歯並びが悪いことは、見た目だけではなくさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

A.4~5歳以降の指しゃぶり、舌で前歯を押してしまう舌癖、常に口呼吸をしている。など生活習慣で無意識にしておこなっている普段の癖が歯並びを悪くする原因になっていることがあります。また、歯の大きさと顎の大きさの関係、遺伝も考えられます。不正咬合の種類

A.妊娠中でも基本的に矯正治療は可能です。出産時期に一度お休みし、出産後に再開することもできます。なお妊娠中や出産後は体調にも波があると思いますので月1の通院も患者様の体調に合わせ調節します。