神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

子供の歯並び矯正

子どもの歯が、日々成長を続ける中、歯並びを悪くする危険と隣り合わせだと言う事にお気づきですか?。
食べるもの、姿勢、呼吸のし方、発音、噛み方、舌の使い方、口の筋肉の使い方等、そのお子様のいくつかの「癖」が、歯並び悪くしているのです。矯正治療は大人になってからでも可能ですが、小児期から矯正治療やトレーニングを行うことで、その後の歯や顎の発育を正常な方向に導き、より安定した噛み合わせを得ることができます。
また、矯正治療をした場合できるだけ歯を抜かずに治療を終えることが可能です。
この時期は永久歯の生え方等により、治療開始時期や期間が異なってくるので、まずはご相談ください。
私たち矯正のプロが的確なアドバイスを行います。

矯正治療の流れ

学童期の矯正治療には二つの段階があります。

第一期治療

永久歯が正しい位置に生えるように促していく治療で歯列改善を目指します。
12歳臼歯が生えてくるまでの治療となります。※12歳臼歯とは親不知を除いて一番奥歯にあたる永久歯のことです。
例えば、受け口や出っ歯の場合の治療は、固定式の歯の裏側に装着するリンガルアーチという装置と、ヘッドギアやチンキャップといった装置を併用して行います。また、拡大床など取り外し式の装置で歯列を拡大させスペースをつくりながら歯列を整えていき、永久歯が正しい位置に生えてくるよう促していく治療法もあります。症例にもよりますが、第一期治療だけで矯正を終える場合もあります。
第一期治療での歯列改善を目指しますが、症例により第二期治療に移行して行う場合もあります。


※早期治療するメリットを見る

第二期治療

成人矯正の治療と同じでマルチブラケットを(矯正装置)を装着するのが第二期治療となります。
第一期治療と違い、歯を移動させる力のある装置を使用するので、最終的な歯並びの改善目標が明確になります。
当院では思春期のお子様には矯正治療のイメージが強い金属製のブラケットを使用せず、ほとんど目立たないクリアブラケットを使用しています。