神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

ジャームエクトミー(歯胚の親知らずの抜歯)

10歳頃になると親知らずの元となる歯の芽(歯胚)が作られ、大人になっていくにつれ歯も成長します。 現代人は顎が小さいため親知らずがうまく生えてこないことも多々あり、うまく生えない親知らずは歯並びや噛み合わせを悪くしてしまいます。大人になると顎の骨がしっかりし、骨も硬くなってしまうので、親知らずがまだ小さい時期に抜歯します。これをジャームエクトミーと言います。


親御さんも経験があるのではないでしょうか。あの親不知の抜歯の恐怖。中には、抜歯後、腫れて顔がパンパンになったという方もおられるでしょう。自分の子供にはそういう思いをさせたくないという親御さんは当院までご相談ください。