神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

子供の歯並び矯正

指しゃぶり

お子さんの指しゃぶりについて

親指をしゃぶる癖が指しゃぶりの中でもっとも多く、指しゃぶりの50%はこの形と言われています。
この癖は、やがて出っ歯になり、前歯が開いたままになり、咬み合わせることがうまくできないという症状をともないます。ただし、指しゃぶりによるこれらの症状は、骨格(顎)には問題がなく、歯並びの変形が軽いお子様の場合であれば、4~5歳までに指しゃぶりをやめれば、自然に治癒すると言われています。5歳までに指しゃぶりをやめる事ができなかった60%強のお子様で、自然治癒が認められなかったということからも、指しゃぶりは乳児期に中止する事が良いでしょう。


歯列への影響は
上顎前歯の唇側傾斜、下顎前歯の舌側傾斜、上顎の歯列狭さく(V字歯列)
発音、顎発育への影響があります
例えば、サ行の発音が、<しゃ、しぃ、しゅ・・・>のようになる。
下顎の前方発育を妨害し、後下方へ回転させ、結果として出っ歯を増長させてしまう。
口元の変化
上唇の翻転、口唇閉鎖不全
開咬、上顎前突の本格的不正咬合に発展、側貌(横顔あるいは口元)も変化
成長発育にともなって骨格性の不正咬合に移行し、特有の顔貌を呈する。
悪習癖が出ます(上下前歯間の空隙に舌が出る)
舌突出癖、異常嚥下癖(正しい飲み込みができないこと)、口呼吸

指しゃぶりを強制的に止めさせることはよくありません。癖が出ないように自然に押さえる方法があります。

成人用の綿の靴下を利用します
成人用の綿の靴下をヒモで結ぶと、ちょうど首からかけられる手袋のような形になります。
それをお子様の両手にはめて、寝るときもこのままパジャマを着せます。
最初は指しゃぶりをしますが、綿の感触が悪くて、しばらくすると指をしゃぶらなくなります。
医薬品の利用
「マヴァラ バイターストップ」という安全な医薬品を使用し、指しゃぶりを辞めさせる方法があります。
爪に塗り、爪を口に入れると苦味成分が口中に広がり、指しゃぶりを止められるのです。効果は一週間く程度ですから、味がなくなったらまた塗ります。