神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

子供の歯並び矯正

歯並び矯正のタイミング

早期治療をするメリットは?

なぜ矯正治療は早い方がいいのか

成長期のお子様は骨が柔らかく、大人よりも比較的スムーズに歯を動かせるからです。
また、治療費が大人矯正では高額になることや、学童期は歯の生え変わりや顎骨の成長を利用して治療できる事など、この時期ならではのメリットがたくさんあるからです。


集中力をUPさせます。

お子様の噛み合わせは、集中力と深い関わりがあります。
集中力の低下は、噛み合わせが悪いことによっておこっている可能性があります。勉強に身を入れるためにも、矯正治療を早い段階でしっかりと行い、噛み合わせを整え、ちゃんと噛めるようにする必要があります。


永久歯へのスムーズな移行をサポート

学童期は、乳歯から永久歯に生え変わっていく混合歯列期。
第一期治療でさまざまな装置を使用することで、歯と歯の間に歯が並ぶスペースを作り、永久歯が正常な位置に生えるよう促し、サポートしていきます。


しっかりと力が入る

歯を食いしばるという言葉がありますが、噛み合わせによって身体の力の入り方も変わります。噛み合わせが悪いと踏ん張った時に、口の中の筋肉をバランスよく活用する事が出来ず力が入りきらないのです。矯正治療をして噛み合わせを良くすることで、バランスよく口の筋肉を活用でき、しっかり噛むことができるようになりスポーツをする際には力を発揮できるでしょう。


しっかり歯磨きができて、虫歯や歯周病になりにくくなります。

歯並びが悪いと歯磨きをした際、重なった歯と歯の間までブラシが行き届かず、どうしても磨き残しがあります。そのような状況を繰り返していると、虫歯や歯周病になるリスクが高くなるのです。
8020運動という言葉をお聞きになった事はあるでしょうか?
80歳になっても歯を20本以上残そうという運動のことです。
80歳というとずいぶん先のように聞こえますが、虫歯や歯周病が進行すると、歯根がぐらつき最終的には歯が抜け落ちてしまいますから、きちんとした歯ブラシの積み重ね、如いては矯正治療で正常咬合にすることが非常に重要なのです。 矯正治療のプログラムの中にもTBIという歯ブラシ指導もおこなっております。


※歯ブラシ指導へ

学童期のお子様の歯列を早い時期に、矯正治療を行うメリットはたくさんあります。

また、大人になってからの後戻りもなく、キレイな歯並びを維持することができます。
まずは親御様からのご連絡をお待ちしております。

TEL 078-431-6500