神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

症例

症例と治療例

反対咬合(はんたいこうごう)

前歯が前後逆に噛んでいる歯並びです。
歯だけがずれている場合とあごの骨がずれている場合があります。
遺伝的な要素も(必ずではないですが)あると考えられています。
自然に治癒する場合もありますが3歳児健診で受け口と診断された場合には当院ではお子様が治療に協力的になった時点で治療を開始しております。写真のような状態から咬み合わせを改善していきます。

反対咬合

開咬

上下の前歯に隙間があるかみ合わせです。指しゃぶりや口呼吸が関係しています。
指しゃぶりをやめられるよう応援してあげたり耳鼻咽喉科で鼻呼吸をしてあげられるよう治療していただいたり場合によっては簡単な手術を受けていただく場合もあります。多くの場合、次第に変化がみられますが、そうでない場合は矯正装置を使用し治療を行います。

開咬

臼歯部反対咬合

臼歯のかみあわせが上下逆のかみ合わせです。
臼歯は上顎の臼歯が下顎の臼歯より外側にならんでいます。
このかみ合わせはあごの成長などに影響を及ぼすことが少なくありません。
特に顎が横に歪んできている場合には早期の治療が有効とされています。

臼歯部反対咬合

上顎前突

いわゆる出っ歯で、上の歯が出ている場合と上の顎がでている場合があります。また、どちらの要素も含んでいたり、下の顎の劣背長が原因の場合もあります。写真のような状態から、矯正装置を用いて治療を行います。

上顎前突