神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

大人の歯並び矯正

親知らずと歯並び矯正

親知らずとは、永久歯とは別に10代後半~20代前半頃に生えてくる歯で第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)ともいわれております。
ただし、生えてくる時期には個人差があり中高年になって生えてくる場合や、
ずっと生えてこない人もいます。また、一番奥に生えているため歯磨きしにくかったり、食べ物のカスも溜まりやすいため虫歯や歯周病にになりやすい歯ということをご存知でしたか?そのほか親知らずが手前の歯より出てくると、顎の動きを邪魔するようになり顎関節症になる可能性もあります。


親知らずが原因で歯並びが悪くなるの?

一概に親知らずが原因で歯並びが悪くなるとは言い切れません。
一番考えられるのは、親知らずが横の歯を押すように斜めに生えてきた場合、横の歯が押されることにより歯列全体に力がかかり、歯並びが乱れてしまうことはあります。
親知らずが垂直に生えている場合や、歯の中に埋まってしまってX線などでも問題がない場合には親知らずが原因で歯並びが乱れることはありません。


歯列矯正をする際親知らずは抜かないといけないの?

正常咬合であれば、親知らずが真っ直ぐ生えていて腫れも痛みもなく、健康な状態できちんと歯の役割を果たしているのであれば、抜く必要はないのですが、不正校合で矯正治療中であれば、親不知はもともとなくても良い歯なので装置を利用しても歯列に十分なスペースが確保できない場合は当然抜歯する可能性が高くなります。