神戸の歯並び矯正専門サイト

歯並び矯正advance

神戸市東灘区のにい歯科・矯正歯科監修

障害者自立支援および顎口腔機能診断施設の指定医療機関 日本矯正歯科学会認定医

ご予約・お問い合わせ078-431-6500


メニュー

大人の歯並び矯正

その症状歯並びが原因かも

原因不明のイライラや体調不良

不正咬合では、かみ合わせが悪く、あごが無理な動きをするため、あごや肩の筋肉に無理な力がかかります。首や肩の周辺の筋肉が疲れると、人間にとって大切な神経や血管を圧迫し、体の各部に悪影響を及ぼすことがあります。たとえば、頭痛や肩こり・胃腸障害や、イライラしたり気分が優れず、やる気が出ない、疲労感、不眠といったことまで、不正咬合が引き起こす体の不調は多岐にわたります。体が不調で病院に行き診察を受けても原因がわからない場合は、不正咬合が原因かもしれません。

口臭の原因や虫歯・歯周病にかかりやすくなる。

歯並びが悪いために、歯ブラシの毛先が隅々にまで届かず、歯石や歯垢が溜まってしまい、虫歯や歯周病など歯の病気にかかりやすくなります。
かみ合わせが悪くて食べ物をよく噛むことができず、唾液の分泌量が少なくなり、唾液による自浄作用が弱まり、口の中を十分に殺菌できなくなります。そうなると、口の中に汚れがたまり、歯の病気や口臭の原因になったりもしますので早期の相談をおすすめします。


発音の障害。

開咬(かいこう。奥歯が噛み合っていても前歯が噛み合わない状態)や反対咬合(はんたいこうごう。受け口)の不正咬合では、サ行やタ行の発音がしずらく、不明確になります。
様々なシーンで、コミュニケーションを要求される現代では健康面も含め、歯並びの良さは重要となります。


胃腸への負担が大きくなります。

食べ物は胃や腸で消化され、はじめて栄養として体内に吸収されるので、最初に口に入り、噛むということがどれだけ大切な事かおわかりだと思います。
噛むことによって、飲み込みやすく消化しやすい大きさに砕き、唾液を分泌させ、唾液に含まれる消化酵素と食べ物を混ぜ合わせ、消化しやすい状態にしてから胃に送り出します。
噛み合わせが悪いと、唾液の分泌が悪くなり、消化しにくい状態で食べ物が胃に送られることで、胃腸への負担が大きくなります。

上記のように、噛み合わせというのは至る所で、私たちの身体に影響を及ぼしてるのです。
歯並び矯正は、健康でいるためのひとつの選択です。
気になる方は当院へご相談下さい。

TEL 078-431-6500